Concept planning​​​​​​​
「スタイリッシュな正統派ピアノジャズ」として打ち出す。それなりに実力がある、それなりにルックスも悪くない。しかし過去3作は何かが物足りなく、どうすればこのアーティストを輝かせるかが課題であった。コンセプトは “Straight” なジャズであった。

Art direction
正統派のモダンジャズらしく、ストレートで飾り気がない印象。当初はキャノンボール・アダレイの “Autumn Leaves” っぽく、黒をベースにドラフトを提案。レーベルのレギュレーションにより赤となる。
Album Title
“Straight” がコンセプトだったので、“Straight” を使った単語を調べた。“Straight Flush” “Straight No Chaser” 等、ジャズらしく分かりやすく “Straight Ahead”となった。
Design
“Straight Ahead”のタイトル通り、スタンダードが並んだ正統派な選曲。古いジャズのアルバムジャケットの雰囲気を踏襲しつつ、収録曲をパターンの様に並べてモダンな仕上がりにした。