Art direction
当初は女性ジャズ・ヴォーカルのアルバムなので、美女ジャケットをイメージし、仮の画像をはめ込んでドラフト案を作成し準備していた。ポートレイト画像の撮影にはスケジュールの関係で時間が掛かるため、先にマスター音源が届いた。2週間後に送られてきた写真はこちらの想定を遥か彼方に追いやる程のインパクトがあった(『内容や質が悪い』のではなく、『文化的な美意識の違い』であった。)急遽、構成を1から考え直し、カラーパターンは “Anna Sui” っぽい紫とピンクを採用。写真の使える部分を最大限に加工し、タイトルに沿うコンセプトでまとめ上げ、アルバムとして仕上げる。
Design
力強い確かな歌唱力と奔放さ(ビジュアルも含め)は、まさに歌姫のイメージ。歌姫といえば、時代を超えて語り継がれる……表、裏ジャケは現代的なイメージ、内側トレー下には、架空の古いレコードのジャケットを配し、過去を表現した。