Concept planning / Art direction / Album Title
通常は「コンセプトを先に作り、計画に基づき進行していく」のが音楽アルバムの制作過程という物。しかしながらこのアルバムは「先に完成した音に、後からコンセプトを立て、パッケージを完成させる」というプロジェクトだった。タイトルもイメージもない。あるのは納期だけ。まず最初のアイデアは “The Portrait of Serge Delaite” とし、アーティストの写真を使ったドラフトを仕上げた。当然「却下」。レーベルから具体的なアイデアも提示されず、困った挙げ句、とりあえずカラフルなカラーパターンを数枚提出した。そこから「マカロン(LADUREE)の箱みたいで可愛い」の意見があり、フランス出身のアーティストに因んで、シンプルに “Macaron Jazz” はどうかと提案。じゃあ中身にもマカロンを詰め合わせて……と、トントン拍子で進行した。マカロンは高島屋のアンリシャルパンテで大量に購入し、最後は美味しく頂きました。
Design
クラシカルな雰囲気のお菓子のパッケージを開けると、中からぎっしり美しく並んだマカロンが。高い演奏技術に裏打ちされた珠玉のナンバー達を、パティシエが丹生込めて作った色とりどりのマカロンに喩えた。撮影から編集まで、カラフルで楽しい作業だった。